◆ドローン撮影

清水区草薙(4棟現場)動画・写真公開中です!

何度かblogでもご紹介している、清水区草薙(4棟現場)物件です。  参考:前回の記事

ホームページでは既に完成動画も公開中です。動画は、ドローンでの空撮を行い、
ウォークインクローゼットの開閉シーンでは弊社スタッフも出演。ぜひご覧ください。

…動画撮影は外構フェンス取り付け前でしたが、現在は取付けも完了。
安全性もしっかりと確保されています。

4棟の正面から。手前右側がE号棟。左側がF号棟。外周ぐるりとフェンスが施工されています。


F号棟の外構からE号棟を撮影。…写真・動画ではこのポジションからは撮影していません。
植栽やフェンス、物件裏手側の様子などがわかりますね。


こちらはF号棟の玄関前です。隣の敷地との間も広くスペースがとられています。


E号棟とC号棟の間。同様に植栽、フェンスが施工されています。


C号棟の玄関前から。向かい側がD号棟になります。


D号棟玄関前の階段から撮影。ダイナミックな高低差が各棟の独立性と爽快な眺望を生み、
植栽の施された美しい庭スペースは四季の変化や癒しを与えてくれます。
現地でもぜひ物件をご体験ください。

物件の室内写真は専用サイトからご覧いただけます。→こちらから!

恵まれた眺望、採光・採風共に良好、草薙駅にほど近い交通利便、
公園が近く環境良い文教エリア。条件の揃った4棟です。
内覧のお申込み、物件のお問い合わせはお気軽にご連絡ください。

清水区草薙物件の詳細はこちら!

清水区の物件一覧ページこちら!

【 お問い合わせ:0800-600ー6027 】

 

一帯は風致地区(※1)となっており、植栽が行われています。
(※1)風致地区とは? 【静岡市ホームページより抜粋】
良好な自然的景観を形成している土地の区域のうち、都市における土地利用計画上、都市環境の保全を図るため
風致の維持が必要な区域について、都市計画法に基づき定めるもの。
市の風致地区条例により、建築物の建築や宅地の造成などの行為に対して規制を設け、良好な風致環境の維持を目指す。
草薙の分譲地は、「第2種風致地区」に該当。
「第2種風致地区」…樹林地・河川・丘陵地等が重要な要素となって良好な風致を形成している地区のうち、既に宅地化が進みつつあり、
またある程度の開発を許容しつつ良好な風致を保全・創出をする必要がある地域。

清水区草薙【4棟現場】敷地紹介(ドローン空撮)

今回の物件NOWは、清水区草薙の4棟現場をご紹介します。

以前分譲中だったA号棟、B号棟は、広告掲載後すぐにご成約となりました。
周辺環境、利便性に恵まれた人気のエリアです。
新規分譲となるC~D号棟の敷地をドローンで撮影しました。ぜひ物件選びの参考にご活用ください。

(★以下、写真はクリックで拡大します)


(撮影11月10日)上記完成予想パースよりやや上空からの現地敷地。各棟の位置関係がわかります。
方向は、写真下側が北になります。撮影は朝10時過ぎのものです。


(撮影11月10日)真上からの写真です。配置図の様に、駐車可能台数も多く、広々した敷地です。
前面道路を西側に行くと県立大学、東へ行くと草薙神社方向です。


(撮影11月10日)北東側からの写真です。 敷地は60坪以上!
現地は風致地区のためA、B号棟のように完成時、敷地内には植栽が行われます。


(撮影11月10日)北側から分譲地全体を撮影。 C、D号棟は分譲地中央のスペース、
E、F号棟は写真の車が停車した箇所が、それぞれ駐車スペースとなります。
階段を上がった所が玄関部分ですね。


(撮影11月10日)こちらはD号棟の2階バルコニーを想定した高さからの眺めです。
左右下方それぞれにE、F号棟が建ちますので、実際には景色が異なるとは思いますが、
それでも爽快な眺望を誇る物件です。


(撮影11月7日:通常の撮影)
こちらはE号棟道路前から全体を見渡したものになります。


(撮影11月7日:通常の撮影)C号棟敷地から東側に向けて撮影。1棟ごとの独立性も高く、
眺望の良さ、採風、プライバシー面の確保などでメリットのある敷地と言えます。


(撮影11月7日:通常の撮影)C号棟、D号棟の駐車スペース(奥側)から、玄関への階段部分(手前側)。
擁壁も既に完成しました。住宅の基礎着工がもう間もなくです。


物件敷地の真上、約90mほど上空から静岡市内を撮影しました。
草薙駅周辺と、南幹線へすぐにアクセス可能な場所でありながら、緑も多く、文教エリアとして
暮らしやすい周辺環境です。見逃せない全4棟!詳細はホームページにて!
清水区草薙物件サイトはこちら!

(撮影 yabe / nakamura ・ コメント yabe  ※撮影日:29年11月7日、10日)

 


【ドローン撮影について】空撮は弊社使用のドローンを使用し、弊社スタッフにより撮影を行っています。
撮影対象エリアにつきましては、国土交通省に「無人航空機の飛行に係る許可・承認書」を申請の上、飛行許可を得ております。
撮影者(操縦者)はJUIDA無人航空機操縦技能証明証、JUIDA無人航空機安全運航管理者技能証明証を取得・携帯済です。
また、撮影時には近隣の方への撮影通知をさせていただいております。
当ブログの画像に関しては弊社のプライバシーポリシーに基いて管理しております。無断転載、転用を禁じます。

——————————————————————————-
当社の新築住宅が出来るまでの過程は、映像でわかりやすくご紹介しています。
ぜひこちらもご覧ください。(画像クリックでリンク先に移動します)

——————————————————————————-

清水区村松 ドローン撮影(着工前更地)

今回の物件NOWは、まだ広告が出て間もない清水区村松(1棟現場)
着工前の土地をドローンで撮影しました。
今後は完成物件を中心にドローン導入による写真、動画を公開していく予定です。

——————————————————-
【ドローン撮影について】
撮影対象エリアにつきましては、国土交通省に
「無人航空機の飛行に係る許可・承認書」を申請の上、飛行許可を得ております。
撮影者(操縦者)はJUIDA無人航空機操縦技能証明証、
JUIDA無人航空機安全運航管理者技能証明証を取得・携帯済です。
また、撮影時には近隣の方への撮影通知をさせていただいております。
当ブログの画像に関しては弊社のプライバシーポリシーに基いて管理しております。
無断転載、転用を禁じます。
——————————————————-

さて、現地は下記完成予想パースの様に、恵まれた立地の物件です。


(南側から撮影)まずは通常通り地上からの撮影です。北側には青空が広がり、
眺めの良さが見て取れます。


そして敷地上空からの撮影。約20mほど上空です。
ホームページの物件配置図に似た構図で、前面道路との位置関係、境界線等が
わかります。


こちらが物件の配置図。駐車最大7台の広々した敷地、陽当りの良さが特徴です。


土地を北東側から撮影したものです。
この様な位置からの撮影はドローンならではですね。


物件が完成した時に見える風景を想定して撮影。
2階の窓の位置からはこのような眺めが広がります。左手には富士山も。


(★写真はクリックで拡大します)
最後は物件敷地の真上、約70mほど上空からの撮影。
写真から、現地は利便性に恵まれていることがわかります。

1棟のみのご提供、要チェックの1棟です。詳細はホームページにて!
清水区村松物件サイトはこちら!

(撮影 yabe / nakamura ・ コメント yabe  ※撮影日:29年4月25日)

——————————————————————————-
当社の新築住宅が出来るまでの過程は、映像でわかりやすくご紹介しています。
ぜひこちらもご覧ください。(画像クリックでリンク先に移動します)

——————————————————————————-