今回の物件NOW(静岡版)は、
「富士市松岡四丁川原(4棟現場)」の現況・経過をご紹介します。


現地は周辺環境に恵まれたエリアです。396号線に近く、身延線柚木駅まで徒歩約9分。
東名高速富士川スマートインターも車で約5分と遠方へのお出かけも便利。
現地すぐ近くにはコンビニ、エブリィビッグデーが揃い、
春の桜や夏の花火も楽しめる雁公園も徒歩2分ほどの距離にあります。

施工経過ですが、まずは昨年の11月中旬、
弊社建築士の大石により「現地調査」が行われました。(写真は2017年11月撮影)


4棟分の広々した敷地。陽当りも良く、周辺も清々していますね。

 
プランニング前に、現地の状況を正確に把握する必要があります。
現地調査では事前に測量された図を基に、境界標やブロックの確認、高低差の確認、
道路幅の計測、現地に隣接する住居状況、電柱や障害物の有無など
細かく調べていきます。

 

そして敷地図に状況を記入。写真撮影をして現地調査終了です。

さて、会社に戻ってからは現地調査の結果を参考に、実際の間取りプラン作成に着手。


どのような間取りにすれば土地の特徴を最大限に活かせるか、
住む人にとって最適な居住空間となるのか、イメージを手作業で具体化していきます。

 

さらにこの後社内で打合せを重ね、プランが完成。
その後CAD作業を経て図面化される、という流れです。
弊社新築住宅は1棟毎に間取り、外観が異なりますが、
このように1棟1棟プランニングが行われているため、定形にはならないんですね。


そして新年1月、現地は基礎着工となりました。(以下の写真は2018年1月10日撮影)


A号棟、B号棟は地盤の砕石・転圧が終わり、捨てコンクリートが打たれました。
C号棟、D号棟は一足早く配筋検査を終え、耐圧コンクリート打設まで終了しています。

 
(左写真)A号棟の捨てコン。
今後の施工の基準となります。この後地盤上に防湿シートが敷かれます。
右写真はC号棟。撮影当日に耐圧コンクリート打設が終わったばかりです。


こちらはD号棟。表面はきれいに均されています。コンクリートが固まった後、
ホールダウン金物やアンカーボルトの設置、立上り部分のコンクリート打設へと続きます。


(D号棟敷地南東側から撮影。)各棟、南側は広い庭スペースとなっています。
ガーデニングや夏場にお子様とプールで遊んだり等、広い用途で使用可能です。

恵まれた周辺環境に、広々した間取りの松岡四丁川原(全4棟)。
物件の詳細はこちらからどうぞ!
富士市松岡四丁川原物件サイトはこちら!

どうぞお気軽にお問い合わせください。 TEL:0800-600-6027

 

…プランニングについてや、施工工程についてはホームページから
動画でもご覧いただけます。
こちら!→「ホームポジションのつくる家」
住宅選びの参考にぜひご活用ください。
以下のバナーからもアクセス出来ます!


——————————————————————————-