木をふんだんに使ったキッズスペース

KidsSpace

木の良いところ

「木を使った家に住みたい…」という方が増えています。 きっと木の持つ温かみと安らぎが人々の心をなごませ、魅了するからでしょう。
木には様々な特性やメリットがあります。そのひとつが木の「吸湿性」です。木は手を触れるとさらっとさわやかで心地良く、夏は湿気を吸収してくれるのでカビ等の発生を防止します。反対に冬は湿気を吐き出し乾燥をおさえます。適度な湿度を保つことは健康にも良いと言えます。
木のもうひとつのメリットは「断熱性」です。木は屋外の暑さ寒さを室内に伝えにくく、室内の涼しさ暖かさを逃がしにくいのです。快適に暮らせるうえ、省エネにも貢献できる木の家は理想的な住まいと言えるのではないでしょうか。 また、地球と環境にとって優しく大切な資源である木材は、少ないエネルギーで加工でき、しかも再生可能なすばらしい特質を持っています。

子どもたちは敏感

木の特性といえば、ホームポジションではオフィスの一角に、木をふんだんに使ったお子さま用のミニチュアハウスをご用意しています。お客さまが住まいの相談に来られた時、子どもたちは大人と一緒のテーブルに着かず、目を輝かせて一目散に木のミニチュアハウスへ走って行きます。
子どもたちの様子を見ていると、おもちゃやままごと道具だけが目当てではなく、ミニチュアハウスの中を気持ちよさそうに素足で走り回り、まるで木の感触を楽しんでいるよう。子供は本能的に心地よいもの、安らぐものを知っていますね。
ホームポジションのつくる家は、このような木の特性を最大限に活かした、自然にやさしい住まいです。時が過ぎ、まわりの環境が変わっても、木の持つ温かみと安らぎは変わることなく、暮らしの中でゆっくりと味わい深く変化していきます。
ぜひ、家族のしあわせと共に、木の温かみと安らぎを感じてください。